さらさらヘアーの作り方の真髄は・・・丁寧さ

2015-07-06

単純に可愛がるです。

起床時は、ブラッシングを欠かさず行い、ヘアセットはあまり熱を加えすぎずに、ブローを行う。

髪の毛を束ねる際には、強すぎず、ヘアスプレーなども控えめにして束ねるようにする。

日中、髪を束ねていない場合は、化粧直しに行った際、ブラッシングを欠かさず行う。

乾燥の多い冬場では、洗い流さないトリートメント剤を持ち歩き時々つけるようにする。

紫外線の多い夏場では、髪の毛に付けるUVカット剤を使用するようにしている。

毎日のことですが、シャンプー後にトリートメントを頭皮にはつけないように毛先に多く染み込ませ、5分ほど置く。また、最近傷んできてるなと感じるときはその状態で温かいタオルで保温させ5分置き保湿する。

そして入浴後のヘアドライでは、ゴシゴシと髪の毛を拭くのではなく、叩くようにして拭く。ドライヤーでは、髪の毛の湿気がなくなるまでしっかりとドライする。湿気がある状態で放置してしまうと菌が繁殖する恐れがあり、髪の毛の傷みの原因となるので必ず乾燥させる。

その後、乾いた髪の毛に塗る専用の、洗い流さないトリートメント剤を染み込ませるようにしてゆっくりと馴染ませる。主に毛先に塗っていくようにする。

そして、就寝時は髪の毛が絡まってしまう恐れがあるので、髪の毛を軽く束ね就寝する。

以上のことは常に心がけて行うようにしています。

今は髪の毛をバッサリ切ってボブなのでそんなに大変ではありませんでしたが、ロングヘアーは本当に時間も手間もかかり大変でした。

でも女性は髪が命ですよね。

さらさらヘアー維持できるようにこれからも頑張ります。

Copyright(c) ヘアケア娘。 All Rights Reserved.