ツバキオイル入りのシャンプーとトリートメント剤を使う

2015-07-06

髪のパサパサ感を改善するには、ツバキオイルの入ったシャンプーで洗うことです。ツバキオイルが入ったシャンプーなら、髪を洗っている間にもすでにその潤い効果が髪にしっとりと付くのです。髪のキューティクルが剥がれてしまった髪を修繕する効果もあり、パサパサしない髪にすることができます。

ツバキシャンプーを手の平にのせて、それをよく泡立ててから髪のつむじ部分から洗っていくと、より臭いも汚れも綺麗に落とせます。毛先にかけて除々に洗っていくのがポイントです。

そのシャンプーだけではなく、ツバキオイル入りのトリートメントを使うと、より髪がしっとりとまとまります。トリートメントの場わいには、毛先の方から上に塗っていくのが肝心です。毛先の方からどうしてパサパサ感が酷いのですが、それを改善するには、毛先の方からトリートメント剤を塗った方が、より浸透しやすく、荒れた髪を改善できます。

そのトリートメント剤を塗る前には髪の水分を軽く手でしごいて取っておきます。そして、塗ったら温かいお湯に付けて絞ったタオルを頭にしっかりと巻きます。その状態で5分から10分待ちます。

それから洗えば、かなり髪のパサパサ感が改善します。髪をドライヤーで軽く乾かしておけば、自然乾燥でも乾きやすくなります。髪をドライヤーで乾かす時には洗い流さないトリートメントを髪に塗っておいてから乾かせば、よりパサパサ感を防げます。

髪が完全に乾いたら、今度は髪を後ろに1つで束ねます。これを3時間ほどやっておくと、より髪がボワッと広がらず、まとまる髪になります。

Copyright(c) ヘアケア娘。 All Rights Reserved.