雨の日でもごわつかない髪の毛にする方法

2015-07-06

特に梅雨などの雨が降っているシーズンは、湿気のせいで髪が爆発、ボサボサ状態になって、それだけで外に出るのが嫌になってしまいますよね。

そんな髪の毛にならない髪の毛のケアとドライヤーのかけ方について紹介します。

まずは、髪の毛を洗うことから注意しなければいけません。

熱湯を使った方が汚れが落ちると思って、熱湯を使っている方、これは髪の毛を傷めるだけで、髪の毛がごわつく原因ともなります。

ですから、きちんと髪質に合ったシャンプーやリンスを使い、さらに、ぬるま湯でこれらを完璧に流し落とすようにしましょう。

それだけでも髪質は大分変ります。

そして、その後に髪の毛を拭きますが、みなさんどうやって拭いていますか。

さっと乾かしてしまいたいからというって、髪の毛をワサワサと激しく拭いて乾かしていませんか。

これも、切れ毛などの原因、そして髪を傷めつけ、髪の輝きを放つキューティクルをもダメにしてしまうので、良いことはいっさいありません。

正しくは、タオルでポンポンと叩くようにして水気をとってあげると、髪に優しく、髪を傷めることはありません。

それからドライヤーをかけますが、この時、温風でやるのではなく、美容院でやるように冷風でかけてあげることで髪の毛をいたわることができます。

まずは髪の中の根元から、そして毛先へとかけていき、最後に、流さないタイプのトリートメントをつければ大丈夫です。

こうする事で髪の毛が保湿され、これによって髪のごわつきやパサつきを雨の日でも落ち着かせます。

Copyright(c) ヘアケア娘。 All Rights Reserved.