banner

banner banner banner

ヘアケア娘。

banner 当サイトでは、女性のための髪を健やかに保つ方法などを掲載していきます。

髪は女性の命といわれるほどで髪の健康状態、傷み具合などで見た目年齢よりも老けてみえたり、若く見えたりすることもあります。

普段のシャンプー、リンス、ドライヤーなどのケアもそうですし、週1のトリートメントなども見なおしてもらえるようなサイトにしていきたいと思っております。

若いころ茶髪にしたり、ドライヤーの当てすぎでパサパサ、ペラペラの髪になってるかたも多いと思います。

そういったかたでもこれから髪に潤いを与えて、また適切な食事をとっていくことで髪を若々しい頃の状態にアンチエイジングしていくことができると信じています。

このサイトでは様々な状況にあわせてヘアケアの方法をお伝えしていきますので、自分にあったものがあればぜひ取り入れて言ってほしいと思います。

まずは自分の髪質を知ることが大切

髪をサラサラにしたい、ヘアアレンジが上手くできるようになりたい、女性にとって髪は大事なものだからこそ色々な悩みがあります。私は、髪のケアをするならまずは最初に自分の髪について知っておかなければならないと思います。

例えば、私の知り合いに髪がもともと細い人がいますが、その人は小学生のころ、体育などで日に当たると髪の毛が焼けてメッシュのようになっていたと言います。それほど細く、繊細な髪なのです。このような人は髪がサラサラというメリットの半面、染めたりドライヤーを使うと傷みやすいというデメリットもあります。だからケアを行う場合は、ドライヤーを使う前にタオルで優しく水気をとってから、ドライヤーの熱から髪を守るトリートメントなどをつけて乾かすと良いです。

では、髪が太くて丈夫な人はどのようなことに気をつけるべきでしょうか。丈夫なので傷つきにくいのがメリットですが、その半面オシャレがなかなか楽しめないのが痛いところです。たとえば、髪質によっては大変染まりにくいということがあります。自染めをしても美容院に行っても、かなり明るい色で染めたのも関わらず、日の下に行ったら少し茶色いとわかるくらいにしか染まらない人もいます。このような人が注意すべきは、もともと丈夫な髪を染めすぎて切れ毛が多いバサバサな髪になってしまわないよう、髪が思い通りにならなくても無理をさせずに休息を与えることです。

このように、髪質によってケアの仕方が異なるため、まずは自分の髪がどんな性質を持っているのかを知りましょう。

Copyright(c) ヘアケア娘。 All Rights Reserved.